ギャラリー

石井竜也、被災した故郷に涙の思い出…地元ロケの映画「天心」完成に喜び

茨城県出身の石井竜也が2日、東京・上野で行われた映画『天心』の完成披露記者会見に竹中直人、平山浩行、松村克弥監督とともに出席し、自身の地元を舞台とした作品の完成に、感激の表情を見せた。

本作は、天心東京藝術大学や日本美術院の創立に携わるなど、日本近代美術の父と言われた岡倉天心の半生を、弟子の目を通して描いた作品。今年は彼の生誕150周年、没後100周年の節目にあたり、この日が9月2日の命日と重なることから、彼にゆかりの深い同大学で完成披露が行われることとなっ

その天心が半生を過ごした茨城県北茨城市の五浦海岸にある建築物「六角堂」は、日本美術の聖地として国内外から多くの観光客が集まる聖地だった。しかし、2011年の東日本大震災に伴う津波で失われる。本作に主題歌「亜細亜の空」を提供した石井は、六角堂の近くに育ち、曾祖父は天心と交流を持っていた人物。それだけに六角堂が流されたときを「大泣きしました」と振り返る。

しかし「六角堂復興を北茨城復興のシンボルに」を合言葉にした地元の協力により、六角堂は再建。また復興支援映画として、本作のロケが同地で行われた。ついに完成となったことに石井は、「涙が出るくらいうれしかったですね」と感激の表情。松村監督も「石井さんの曲を聴くと六角堂を思い出します。石井さんに音楽をやってもらって本当に良かった」と笑顔を見せた。

一方、天心を演じた竹中は「天心を演じるのはエネルギーが要りました。演じた後はヘロヘロになった」と述懐。それに対して石井は「天心の役は、絵を知っている人にやって欲しいと思っていた。竹中さんが天心をやると聞いて飛び上がるほどうれしかった。竹中さん自身が最後には岡倉天心になっているのを見て、竹中さんの役者魂をすごく感じました」と感激した様子を見せた。
シネマトウデイより引用 詳しくは下記でご覧下さい。

建築写真・竣工写真の齋藤写真事務所
http://www.photokichi.com

■本社・スタジオ 茨城県猿島郡境町西泉田746-1
TEL&FAX 0280-86-7032  携帯TEL 090-4886-3939

■東京事務所 東京都大田区上池台5-25-12
TEL 090-4886-3939

■AR動画サービス(齋藤写真事務所 動画部門)
http://www.ar-doga.com

★ ドローン空撮カット無料サービス実施中! 好評です。

建築写真・竣工写真&動画の齋藤写真事務所の主な撮影エリア

東京都(世田谷区,練馬区,大田区,足立区,江戸川区,杉並区,品川区,渋谷区,新宿区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,文京区,港区,目黒区,荒川区,板橋区,葛飾区,江東区,北区,墨田区,台東区),埼玉県(さいたま市,川口市,所沢市,川越市,越谷市,草加市,春日部市,上尾市,熊谷市,新座市,久喜市,三郷市,朝霞市,戸田市,鴻巣市,加須市,八潮市,桶川市,蓮田市,幸手市,白岡市,杉戸町,伊奈町,宮代町,松伏町),千葉県(千葉市,船橋市,柏市,松戸市,市川市,浦安市,市原市,八千代市,流山市,野田市,我孫子市,鎌ヶ谷市,印西市,白井市),神奈川県(横浜市,川崎市,相模原市,藤沢市,横須賀市,平塚市,茅ヶ崎市,大和市,厚木市,小田原市,鎌倉市),茨城県(水戸市,つくば市,日立市,ひたちなか市,土浦市,古河市,取手市,筑西市,神栖市,石岡市,牛久市,笠間市,龍ケ崎市,鹿嶋市,常総市,守谷市,常陸太田市,坂東市,那珂市,小美玉市,結城市,つくばみらい市,境町,八千代町,五霞町),群馬県(高崎市,前橋市,太田市,伊勢崎市,桐生市,藤岡市,板倉町),栃木県(宇都宮市,日光市,小山市,栃木市,足利市,佐野市,鹿沼市,真岡市,下野市,さくら市,野木町)宮城県(仙台市),山形県(山形市,米沢市),福島県(福島市,郡山市,いわき市),新潟県(新潟市),長野県(長野市,松本市,軽井沢町),静岡県(静岡市,熱海市),山梨県(甲府市),愛知県(名古屋市)